東京のテニスサークル - 2015/07

satumariについて




[PR]



2015年07月26日(Sun)▲ページの先頭へ
東京のテニスサークル
東京テニス練習会

○グリップの太さ

グリップの太さで多少使用感が違います。ラケットにもともと巻いてある厚いグリップテープを剥がしてしまう人がいますが、これは打球時の衝撃を吸収させる為と、グリップ力をUPさせ、打球時のパワーロスを防ぐ為に大変重要な役割をしていますので剥がさないで下さい。

日本製のグリップの太さは、1〜3に分類されていて下記のように太くなっていきます。
外国製の場合は、4まである場合があります。
細い 1→2→3 太い
◦太いグリップは、面が安定するが繊細なショットが難しくなります。手首の稼動域が狭くなり安定したストロークが打てる。ストローク向き。
◦細いグリップは、手首の稼動域が広くなるので繊細なショットが打ちやすい。面が不安定になりやすい。ボレー向き。

少し小さめのグリップの物を購入しグリップテープ を使用し好みのグリップの太さにしましょう。
グリップテープには、さらさらのドライタイプ、しっとりのウエットタイプ、凹凸の大きい物、汗や雨でも滑りづらい物などいろいろありますのでプレイする時の環境や好みで選びましょう。

ドライタイプ:グリップの握り替えがしやすい。
ウェットタイプ:フィット感があり滑りづらい。


東京のテニスサークル
ロンドンの夏の風物詩といえば、ウィンブルドン!!
日本のスーパースター、錦織選手は残念ながら棄権してしまいましたが、まだまだテニスの戦いは終わってはいません!
有名なテニスプレーヤーたちが、優勝のトロフィーを賭けてアツいバトルを繰り広げています。

テニスファンの方はもう既にお気づきかもしれませんが、ほとんどのテニスプレーヤーが出身国関係なしに英語が堪能ですよね。
もちろん、テニスを始めたからといってすぐに英語が上達するという意味ではありません。

有名なプレーヤーたちが何故、あんなにも英語が堪能なのか・・・。
それは、ロンドンのウィンブルドン、ニューヨークのUSオープン、メルボルンのオーストラリアオープンなど、世界的に有名なテニスの大会4つのうち、3つが英語圏で開催されているからです。
試合のたびに、選手たちはインタビューや会見で英語を話さなければならない為、高い英語力が必要となります。
だからといって英語を習得するためにプロのテニスプレイヤーになる必要ももちろんありません。

ちょっとした英語の専門用語などを覚えておくだけで、試合の流れをスムーズに把握することができ、より楽しむことができます。
そこで本日は、テニス観戦時やプレー時にちょこっと役立つテニスの専門用語をご紹介したいと思います。


テニスサークル
たいへん遅ればせながらですが、11月25日にテレビ朝日で放映されたGET SPORTSの録画を見ました。
日清食品ドリームテニスARIAKEです。

開催当日(11月18日)は市民大会団体戦と重なっていたので見に行くことが叶わなかったけど、たいへん面白い映像でした。

エキシビジョンマッチは、観客を楽しませるような演出が数多くあるから嬉しいですね。にっこり

それにしても神和住さん…65歳なのにスゴイ。(笑)


   




新着トラックバック/コメント

satumariの自由文言2

カレンダ
2015年7月
     
 

アーカイブ
2011年 (10)
1月 (10)
2015年 (3)
7月 (3)

アクセスカウンタ
今日:3
昨日:0
累計:5,579